View on GitHub

coinhiveuser.github.io

@coinhiveuser 's website made by GitHub Pages

第一回公判

開廷

人定鑑定

モロさん証言台へ立つ

公判前整理手続きで確認した住所・氏名で正しいのか確認

正しいとの事で即終了



訴因なんとか(聞き取れず)

検察

被告人は自身の設置したウェブサイトの閲覧者の中央処理装置(以下CPU)を同意や許可なく使用実行演算し仮想通貨のモネロを採掘するプログラムをGMOが運営管理するサーバ上に保存した。 これはユーザの意図に反する不正指令に当たる。


被告

Coinhiveを設置したことは認めるが、Coinhiveはウイルスではない。


弁護人

Coinhiveは不正指令にあたらない。

目的はサイト上に書かれていた。



証拠

検察

被告人は(略:個人情報といえるので)犯行時はウェブデザイナーだった。

ウェブ上に自分のサイトを設置していた。

平成29年、サイトにCPUを使用しマイニングを行うプログラムを設置。

(メモの欠け)

Coinhiveのサイトから当該プログラムを入手。

モネロを3:7=Coinhive:被告の割合で受け取る。

GMOのサーバー上に設置されたサイトの閲覧者のCPUで無断でモネロのマイニングを行った。

当該サイトを見た際CPUは使用されるが、画面上にはマイニングさせられていることは表示されない。

警察が事件に気付いたのはtwitterをパトロールしていた時に、無断でマイニングされられている事に対する異議のリプライを発見したことから。

利用者に確認を取るよう検討するとの返事のリプライ。

後日当該サイトからCoinhiveは削除された。


弁護人

この事件の焦点(とメモにあるが争点かもしれない)は、

  1. Coinhiveはウイルスか
  2. 実行に供する目的~(これ以上はメモしきれていない)
  3. 故意か


1,2,3について



裁判長

争点は弁護人が挙げたとおりである。 証拠はこの後調べる予定のものを採用する。


指定済みの公判期日

第二回公判 01/15 13:30-

第三回公判 01/17 14:00-

第四回公判 02/18 10:00-



請求証拠取調べ

検察

弁護人

裁判長

以上

次回01月15日13:30- 401号法廷




Special Thanks to メモを取ってきてくれた知人A


クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このウェブサイトのコンテンツは クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。